リラックスする

うつ病回避のためにバランスを意識しましょう

うつ病を回避するためにはバランスを意識した生活をしましょう。 規則正しい生活はもちろんなのですが、意外と意識できないのが夕食後から寝る前までの行動ではないでしょうか。最近ではテレビ・ネット・ゲームなどと液晶を見る人も多いでしょうが、それは寝る前は避けた方が無難です。LEDライトは交感神経を刺激します。つまり液晶は人を覚醒状態にさせるということです。また過剰に凝視することで、自律神経失調症になる人もいるそうなので注意が必要です。そこも適度を保つ必要がありそうです。 また可能であれば、寝る前は温めのお湯に15分程度浸かりましょう。最後の5分は半身浴でもいいかもしれません。そして湯上りに生姜湯などを飲めば身体を冷やさずに寝ることができるでしょう。

バカにできない冷えのストレス

うつ病を考える際には、ストレスを回避するというのは定説なのですが、意外とバカにできないのが冷えから来るストレスです。身体は冷えると病気になるというのも定説で、例えば身体は急激に冷えると様々な病を発症します。中には顔面神経麻痺など重症なものもあります。そしてうつ病も例外ではありません。よって身体を冷やさないように意識するというのは、思いのほか重要なことなのです。 これは夏も同様で、夏こそ冷え対策が必要なのです。夏はクーラーが効いているのが普通ですし、汗もすぐ冷えるので、とにかく出先でも簡単に身体を冷やしてしまうのが夏です。しっかりと着替えを用意するなりして対策したいものです。また代謝を上げるためには、1日に水2リットルを補給することや、有酸素運動、筋力トレーニングを行うことも有効です。うつ病を回避するために、ぜひ参考にしてみてください。

症状とさまざまな原因

うつ病といっても、人によって、精神症状や身体症状の表れ方が様々です。 うつ病の身体症状の大きな特徴と言えば、睡眠障害です。睡眠障害というのは、不眠症と言われるものですが、眠りと精神症状の関係はとても大事なので、不眠状態が続くことや眠りが浅いということはうつ病を悪化させることでもあります。 その為、睡眠薬等の処方で改善されることもありますが、精神症状に付随してくる色々な要因がありますと、そのストレスを改善・除去する必要となってきます。 現代社会では、その原因も多様化していて、もともとの性格、不規則な仕事環境、体質、加齢による変化など様々な要因がある為、その原因を知ることも大切です。 その為、まずは専門科に受診し、正しい判断をしてもらうことが大事なので、変化が起きたことをしっかりと記したもので判断してもらいましょう。 専門医では、問診のみだけではなく、内科的診療も行われることがあるので、症状においては様々な検査が行われることがあります。